首のイボは皮膚科で治療

加齢に伴い肌には様々な老化トラブルが目立ちやすくなります。顔ならシミやそばかす、くすみなどのメラニン生成による肌トラブルから、首などの皮膚が薄い部分は古い角質が蓄積してしまうことで、小さなイボが複数出来てしまう症状は30代を境に増える方が多くなります。首に出来たイボは良性の腫瘍なので気にしない場合はそのまま放置しても良いのですが、やはり髪をアップにしたい場合や露出の多いドレスや水着を着用する場合は、首やデコルテは綺麗な状態でいたいと考える女性も少なくないので、適切な治療を受けることで綺麗な状態を取り戻すことが出来ます。
イボ治療は一般的に通常の皮膚科クリニックと美容皮膚科クリニックの2つで受けることが出来ます。液体窒素を利用した治療なら保険診療内で受けることが出来ますので、負担額も少なくて済みますし複数のイボも一気に治療を受けることが出来ます。ただ、液体窒素による治療は一瞬ですが痛みが伴いますし、完全にいぼが無くなるまで時間がかかるので短時間で確実に処置をしたいなら、医療レーザーを利用した治療方法もお薦めです。レーザーでイボを丸ごとくり抜いてしまうので再生しにくく、その場で処置が完了するので短時間で綺麗にすることが出来ます。

続きを読む

首に出来たイボを治したい男性は皮膚科へ

ワイシャツを着て仕事をしている男性の中には、襟のあたりに出来たイボがどんどん増えてきたような気がすると、お悩みの方もあるかも知れませんね。
一つや二つならまだしも、それ以上に出来ると、痛みやかゆみはなくても見た目が悪いので、早めに治療するようにしましょう。
このような症状は一般的に首イボと呼ばれますが、大抵はがんになるような悪性のものではなく、良性の腫瘍なので、感染の心配はなく、そのままにしていても特に問題はありません。
首筋に一つだけしかできない人もいれば、数えきれないほど無数に出来ることもありますが、これは皮膚の老化が原因によるものです。
ワイシャツなどの洋服による摩擦で、皮膚が擦れたためや、紫外線ダメージを受けたことが原因と思われますが、大抵は30代以降に発生します。
洋服による摩擦でイボが発生していた場合、着たり脱いだりするたびに増える恐れがありますから、皮膚科で取り除いてもらうようにしてください。
お医者さんに薬を処方してもらったり、イボを切開してもらえば綺麗になくなりますし、レーザーや液体窒素で除去する方法もあります。
ただし切除後もまた再発する恐れはあるので、出来るだけ首まわりを刺激しないような、締め付けの少ない服を着るようにしましょう。

続きを読む

首にできるイボの原因は老化

今までなかったのに突如として表れるのが首イボです。ただしボコボコとしたようなイメージを抱くものではなく、ホクロや皮膚が隆起したようなデキモノになるのがイボの特徴です。これができる原因は、老化が挙げられます。新陳代謝が落ちてくると、皮膚のターンオーバーが疎かになる傾向があり、古い角質がうまく剥がれなくなってしまい、それによって皮膚と脂肪により、イボとして形成されます。

特に首の皮膚は柔らかいのが特徴ですので、新陳代謝の低下が招きできやすい部位になります。また刺激を加えるとできやすいのもイボです。首は衣服のネック部分やアクセサリーがこすれやすい場所になります。それによって刺激が加えられ、できやすい状況になるでしょう。

できてしまえば取り除くことができますが、予防がとても大切です。老化が原因になることから、まずするべきことはアンチエージングになるでしょう。新陳代謝を高めて、皮膚のターンオーバーを活性化するだけでも予防になります。また刺激を和らげることにも効果があります。衣服やアクセサリーを一切付けないのは無理がありますので、保湿をすることで摩擦を少なくし、刺激を加えにくい肌にすることが可能です。スキンケアの基本である保湿をしっかりしておきましょう。

続きを読む