首イボを除去!【自宅・皮膚科】別の除去方法・費用まとめ

首イボは出来てしまうと気になりますし、見た目が嫌で自分で除去しようと試みる人も多いでしょう。

しかしそれは、トラブルの原因となることが考えられ、場合によってはイボが更に悪化することもあります。


「皮膚科でイボを除去する方法は?」
「保険適用はある?費用はどのくらい?」
「口コミも知りたい!」
「イボを自宅でカンタンに除去できるおすすめのクリームや市販薬を知りたい!」

などなど、首イボ治療には効果的な方法があるので、それをまずは知ることから始めましょう。
自分の状態に合わせた治療法を見つけることが重要です。

首イボは自宅で「クリーム・市販薬」を使えば除去できる?

イボ 首 アップ

首に出来ると目立ってしまう首イボですが、自分で除去・自己治療しようとするのはトラブルの元となります。

簡単に取れるように見える首イボですが、首の皮膚とくっ付いているため無理に取ると出血してしまいます。

ウイルス性のイボをハサミで除去してしまうと、感染する可能性もあります。
そのため自宅でイボを除去するには、クリーム・市販薬がオススメです。

首イボ除去に効果的なクリーム・市販薬とは?

首イボ除去には市販薬にも効果的なものが数多く販売されています。

市販薬を使用することで徐々に老人性イボを小さくしたり、取り除くことが可能となります。

これは市販薬には首イボに効き目が高い成分が含まれているためで、使い続けることで自宅でもイボの治療を行うことが出来ます。

首イボに効く市販薬についてはこちらの記事でも紹介しています。

首イボは市販薬で治せる?自宅でラクに首イボを除去できる薬は?

薬に含まれているといい有効成分は「ヨクイニン・杏仁オイル」

市販薬に含まれている成分の中でも特にイボに効き目があるのがヨクイニン杏仁オイルです。
ヨクイニンはハトムギに含まれる成分のことで、細胞の新陳代謝を促進する効果があります。

首イボの原因の多くは角質化した古い細胞がイボとなっているため、新陳代謝を促進させることでそれを除去する手助けとなります。

さらにヨクイニンにはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、それらが細胞の生まれ変わりをサポートしてくれます。

ヨクイニンについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

首イボはヨクイニン(ハトムギ)が効果アリ?【おすすめ商品3選】

杏仁オイルは杏仁の種から取れるオイルのことで、優れた保湿効果があります。

オイルに含まれるリノール酸は肌の乾燥を防ぎ老化を防止することが出来ますし、オレイン酸やステアリン酸、ビタミンEなども保湿だけでなくターンオーバーを助けてくれます。

内服薬タイプと軟膏タイプの違いは?

首イボに効き目がある薬には、内服薬と軟膏タイプがあります。
どちらも首イボを除去するのに効果がありますが、それぞれに長所と短所があるため使い分けする必要があります。

内服薬

内服薬は飲むことで体の中から改善していくタイプで、首イボ以外のイボにも効果がある薬です。

内服薬の場合毎日決められた量を飲むだけでその効果を得られますが、ピンポイントでイボを治療することが出来ません。
そのため即効性には欠けます。

また、飲み忘れという問題や軟膏に比べて価格面で高くつくといった短所もあり、体に合わない場合は胃腸の不快感下痢などが起こることも有ります。

軟膏タイプ

軟膏タイプはイボに塗ることで除去することが出来る薬です。

軟膏の場合気になる部分をピンポイントで治療できますし、塗るだけという手軽さも長所だと言えます。
短所としては日に何度も塗る必要があり、それが面倒に感じる人もいるでしょう。

イボが出来た部分やイボの種類によっては、軟膏では効き目がないことも有りますしイボが増えると言ったトラブルも有るのでその点も注意が必要です。

首イボに効果がある【おすすめ自宅ケア商品ランキング】

首イボを自宅でケアする場合、効果のある商品を使用しないと意味がありません。
そこで特に効き目が高い自宅ケア用品を3つ紹介いたします。

これらの商品は自宅で手軽に首イボケアが出来る商品ですので、医療機関に行く時間が取れない、イボがそれほど大きくない人には最適だと言えます。

第1位:クリアポロン

i2

価格 6,800円(定期コース初回1800円)

クリアポロンは日本製で無添加という安心の首イボ治療薬です。
主成分はWヨクイニンや杏仁オイル、ダーマヴェールといったイボに効き目があるものを使用し、それにヒアルロン酸やビタミンC、プラセンタといった成分を加えてあります。

非常に高い保湿効果がありますし、クリーム状なので気になる部分に塗るだけで肌を柔らかくしイボを取り除きやすくしてくれます。

公式サイトでの価格は通常6,800円ですが、定期コースを申し込むと初回1,800円で購入できます。
二回目以降も20%OFFで購入できますのでお得です。

クリアポロンについての商品詳細ページは、こちらです!

首イボにクリアポロンの効果はある?口コミや最安値で購入する方法を公開

第2位:シルキースワン

i4

価格 初回2,980円

シルキースワンは、角質ケアと保湿ケアのW作用。
ヨクイニン・ハトムギエキス・杏仁オイルに加え美容成分もたっぷり12種配合されています。

顔のスキンケアからボディに使用できるので、全身のボディケアに使うことができます!

第3位:艶つや習慣

i3

価格 4,104円(定期コース初回3,693円)

艶つや習慣は肌のざらつきを抑えイボを作りにくくしてくれるクリームです。
主成分にヨクイニンや杏仁エキスを使用しており、プラセンタやアロエベラなどの美容成分も加えてあります。

気になる部分に塗ることで保水と保湿効果を与えてくれますし、美容成分が肌の状態を改善していきます。

価格は公式サイトで通常4,104円ですが、初回購入に限り10%OFFの3,693円で購入できます。
定期コースを利用するとさらにお得で、初回2,052円で買えますし二回目以降は20%OFFになります。

艶つや習慣についての詳細は、こちらの記事で説明しています!

艶つや習慣は首イボに効果アリ?口コミは?副作用や最安値の購入方法も

皮膚科で首イボを除去する方法5つ

Smiling teenager enjoying appointment in the clinic
自宅ではなく皮膚科病院で首イボを除去することも出来ます。

皮膚科・クリニックでは数種類の施術方法が用意されており、イボの種類や大きさに合わせて施術を行ってくれます。

その中でも特に代表的なものを紹介いたしますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

皮膚科での首イボ除去方法については、下記記事でも詳しく説明しています!

首イボを皮膚科で治す方法!保険適用の費用は?【全国の皮膚科一覧あり】

①レーザー治療

レーザーは炭酸ガスを使用した治療法です。
炭酸ガスレーザーをイボに照射することで取り除くことが出来ます。
イボの他にも、シミやシワも除去できます。

レーザー治療の場合痛みもほとんどないですし、入院する必要もなく施術後すぐに帰宅できます。

傷跡も残り難く綺麗な状態になるので、現在多くの人が利用しているイボ治療法です。

治療経過としては、イボの数が少なければすぐに終わりますが、回数を分けて行う場合には数週間程度の期間が必要です。
費用はイボの大きさにもよりますが、1個あたり5,000~10,000円程度の費用が掛かります。

レーザーについての詳細は、こちらの記事を参照してください。

首イボは【皮膚科のレーザ治療】で跡なくキレイに治せる?痛みは?費用は保険適用?

②液体窒素

液体窒素による治療は、イボを急速冷凍することで取り除く治療法です。
凍結療法と呼ばれるこの方法は、イボ治療ではスタンダードなものだと言えます。

イボに直接液体窒素を使用する為、その際の痛みはどうしても伴いますし、傷跡・色素沈着が残ることも多いと言えます。

しかし治療は数分で終了するのでその点はメリットと言えるでしょう。
一度では治療が終了しないので数回程度通う必要があり、費用は保険適用により1回あたり数百円~1,000円程度となります。

さらに液体窒素の治療の詳細を知りたい方はこちらです。

【首イボを液体窒素で除去】治療方法や期間、痛み・傷跡を徹底解説

③ハサミ

ハサミを用いた治療は昔から行われているイボ施術です。
イボが比較的小さく数が少ない場合、このハサミ治療をする医療機関も多いと言えます。

ハサミでの治療はイボを直接切除する方法なので、痛みと出血を伴うことになります。
一応医療用のハサミを使用するのでそれほど痛くないとは言いますが、痛みに弱い人は注意が必要です。

費用はいぼ1個あたり500円程度なので安価に抑えることが出来ます。

もっとハサミでの首イボ切除について知りたい方は、下記記事を参考にしてみてください。

首イボをハサミで除去!自分で切る注意点・体験談・皮膚科と違いとは

④薬(ヨクイニン内服薬)療法

薬による治療は内服薬を利用することが多い治療法です。
施術を行わないので痛みを伴う事もなく、薬を飲むだけなので手軽な方法だと言えます。

イボに効き目があるヨクイニンなどを含んだ薬を処方され、それを決められた通りに使用していくことになります。

薬の場合すぐに効き目が表れないので長期間続ける必要があり、気長に服用する手間があります。

費用面では1回あたりは数百円と安価ですが、継続する必要があるので結果的に費用が高額になることも考えられるでしょう。

⑤切除手術

切除手術はイボを電気メスなど使用して切除する方法です。
イボの大きさによってはこの切除手術を用いることも有り、イボを切り取るため傷跡が残りやすくなります。

しかし切除にかかる時間は短く短時間で終了するので時間をかけたくない人にはおすすめです。

保険適用により費用負担を軽減できますし、5,000~10,000円程度の費用で済みます。
電気メスを使用するので麻酔無しでは痛みを感じますし、傷跡が残ると言うデメリットもあります。

治療後は、しっかりと紫外線対策をすることが大切です。

皮膚科のイボ切除についてのよくある疑問

皮膚科のイボ切除、保険の適用有無や、料金、痛み、などなど、気になることが沢山ありますよね。

1つ1つ解説していきます。

保険は適用される?

医療機関での首いぼ治療は保険適用されるものとされないものがあります。

ハサミや液体窒素、薬や切除手術は医療行為となるので保険適用により費用負担が軽減されます。

しかしレーザーに関しては、基本的に保険適用外なので全額自己負担での施術となります。

そのため施術を選ぶ前に保険が適用されるかどうかを確認しなくてはいけません。

費用相場は大体どのくらい?

費用相場は治療法により大きく異なりますが、保険適用可能な施術の場合は数百円~10,000円程度に収まります。

レーザーの場合はイボの数により大きく変わりますが、平均すると50,000円程度の費用が相場となっています。

痛みはある?

痛みは施術により違いますが、薬による治療だけは痛みの心配がありません。
レーザー治療も麻酔を使用するのでちくっとした痛み程度で済むでしょう。

ハサミに関しては直接切除するので多少の痛みを伴うことがあり、液体窒素も施術の際には痛みを感じやすいと言えます。

切除手術は局所麻酔を使用すれば痛みはありませんが、使用しない場合にはある程度の痛みを感じます。

首イボは自宅ケア商品か皮膚科受診で除去しよう

首イボが気になる場合には、素人考えで勝手に除去するのはとても危険です。

イボが大きくなったり出血の危険性もあるので、まずは市販薬を使用して地道に治していくことを考えましょう。
自宅ケア用品を正しく使用すればイボが改善することがあり、悩みを解消する手助けとなります。

イボが多い、大きい場合は皮膚科を受診して治療を受ける方が早期解決に繋がるので、上手にケア用品や皮膚科を利用しましょう。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP