首イボができる原因5つと治療法まとめ

首イボは誰にでも出来る可能性がある厄介なものです。

イボが出来ると見た目も悪くなりますし、イボがあること自体がストレスに繋がることも考えられます。

もし首イボが出来てしまった場合は、その原因が何なのかを知ることと、自分のイボの種類が何かを突き止めることも重要です。

イボの種類を突き止めるためには、こちらの記事も合わせてご覧ください。

首にできたブツブツってなに?首イボの原因と治し方

たかがイボと放置しておくと思わぬトラブルに発展することもあるので、そうならないための知識を得ることがイボ対策としてはとても大きなポイントとなるでしょう。

さっそく首イボの種類を理解してから、首イボができる原因を見ていきましょう。

首イボの種類は?

首イボには大きく分けて2種類のものがあります。

この2つはどちらも同じイボではありますが、根本にある要因が全く異なるため似て非なるものと考えなければいけません。
1つはウイルスが原因で出来るもの、もう1つは年齢によって出来るものですのでその違いを正しく理解しておきましょう。

ウイルス性のイボ

スキンタッグやアクロコルドンと呼ばれるウイルス性イボ。
ウイルス性のイボはヒトパピローマウィルスが体内に入り込むことで出来るイボです。
このヒトパピローマウィルスは感染性のウイルスのため、傷などがあればそこから感染してしまいます。

ウイルスに感染することで首にイボのようなものが出来ますし、そのまま放置しておけば他の部位に移ったり、他の人にも感染することになります。

ウイルス性の場合、体からウイルスを取り除かなければ完治させることができないので、非常に厄介なイボだといえるでしょう。

老人性のイボ

老人性イボは首イボを代表するものであり、多くの場合加齢や老化が原因となっています。
老人性イボの場合はウイルス性と異なり人に移ることもありませんし、他の場所に転移することもありません。

肌の老化や水分不足、ターンオーバーの乱れなどが原因でイボが出来てしまいます。

しっかり保湿するなどしてそれを改善できれば、イボが増えるのを抑えることも出来ます。

イボは肌が角質化して出来ているので一度取り除けば再発することも少ないと考えて良いでしょう。

首イボができる原因5つ

女性 全身 座る オシャレ

気が付いたら何時の間にか出来ている首イボ。

この首イボが出来るのには必ず原因があり、それは大きく分けて5つに分類されます。
原因を知ることで首イボを作らない生活習慣を意識することも出来ますし、イボの悩みを軽減することも可能となるでしょう。

原因1.加齢・老化

首イボは老人性イボという呼び名もあるように、年齢を経ていくにつれ出来てしまうことが多いと言えます。

これは加齢による肌状態の変化が深く関係しており、肌の水分量や保湿が十分でなくなることでそれがイボが出来やすい環境となってしまいます。
乾燥した肌が擦れあいその刺激によってイボができるわけです。

特に首の部分は上下左右に動かすことが多く、どうしても肌と衣類、肌同士が触れ合うことが多い場所ですので、イボが出来やすい場所だと考えておくべきでしょう。

加齢や老化は誰にも防ぐことは出来ませんし、その変化にどう対処するかでも首イボが出来るかどうかが決まってしまいます。

原因2.摩擦・刺激

摩擦や刺激は首イボを作る原因となります。
首の部分は皮膚が薄く柔らかいため、刺激や摩擦を与え続けてしまうと肌が防御のため角質化してしまいます。

この角質化がイボの元となっており、長い間刺激を与え続けたり摩擦を受け続けてたりしていると、その部分にイボが出来てしまいます。

女性の場合ネックレスなどのアクセサリーはイボの原因となりますし、男性の場合もYシャツなどの摩擦などでイボが出来やすくなります。

原因3.紫外線

紫外線は肌を老化させ劣化させてしまう問題の多いものです。

紫外線によってダメージを受けた皮膚は、メラニンの生成を増やすことになりそれがシミを作り出します。
そのシミが徐々に大きくなり最終的に首イボになることもあります。

さらに紫外線を受け続けた肌は細胞の生まれ変わりサイクルも乱れます。

このサイクルの乱れは肌の角質化を生むことになり、固くなった皮膚はイボになりやすい状態となってしまうわけです。
特に首の部分は紫外線を浴びやすいため、それが原因で首イボが増えてしまうこともあると考えておきましょう。

原因4.肥満

肥満体型の人も首イボが出来やすいと言えます。
何故なら肥満による肌のたるみはそれだけで肌同士の摩擦を生みやすく、摩擦による角質化でイボが増えることに繋がります。

肥満の場合体の新陳代謝にも悪影響が出てくることになり、それが細胞のターンオーバーを乱し古い細胞が残りイボを作ることにもなるでしょう。

そのため肥満である場合、その状態が続けば首イボの原因となると理解しておく必要があります。

原因5.ウイルス

ウイルス性のいぼは、ほとんどが指や足の裏にできます。
角質の厚い場所にできやすいのです。

そのため、めったに首にウイルス性のいぼができることはありません。

もし首に小さな傷ができた場合、感染ウイルス(ヒトパピローマウイルス)が感染して首イボになることがあります。

首イボは放置しても大丈夫?

イボくらい、大丈夫だろうと放置している人は多いのではないでしょうか。

放置していて大丈夫か知っておきましょう。

老人性イボ

基本的に老人性イボに関しては放置していても増えることはありません。
刺激によってイボが大きくなることはありますが、感染することも無く急に数が増加することも無いわけです。

ウイルス性イボ

しかしウイルス性の場合は放置しておけばどんどん広がる可能性があり、悪性化したり状態が悪化することもあるので注意が必要です。

ウイルス性以外のイボの場合も、そのままにしておくと悪性化してしまい重篤な状態を引き起こす可能性があるので放置は危険だと感化得ておく必要があるでしょう。

イボが気になった場合は医療機関などを受診して詳しく調べてもらう必要があります。

首イボの対策・治療法は?

Female doctor with stethoscope writing advice
首イボを作らない・増やさないためにはそれ相応の対策や治療が必要です。

首イボの対策や治療法はすでに確立されており、それを利用することでイボの悩みを解消することが出来ます。
効果的な対策・治療法としては主に3つ、保湿・紫外線対策・皮膚科を利用することです。

イボ専用クリームなどで保湿する

いつもの何気ない日常の生活に注意するだけでも首イボ対策になります。

実は日常の中で気をつけるということはとても重要で、日々のダメージやケア不足がそのまま首イボが増えるかどうかに直結してしまいます。

肌の角質化は保水や保湿が適切でない場合に起こり、それが原因となり首イボが増えてしまいます。
そのため日々のケアはとても重要な意味を持ち、保水だけでなく保湿が適切かどうかが重要となります。

保水して首の水分を補給しても、それが流れ出てしまえば意味がありません。

しっかりと保湿を行い肌内部に水分を溜め込むことが、肌の角質化を防ぎ柔らかい状態を維持することに繋がります。
適切に保湿できていれば摩擦などのダメージも軽減でき、首イボが増えることもなくなるでしょう。

保湿するためには、やはりクリームが大きな味方となります。

首イボに効くおすすめクリーム3選!市販や薬局で購入できる?

紫外線対策

生きている限り太陽から降り注ぐ紫外線を避けることは出来ません。

この紫外線は浴びすぎると皮膚がんなどの原因やシミやシワを増やすことにもなりますが、イボにも関係しています。

首はむき出しの状態なのでそれをカバーするだけでも紫外線によるダメージを大きく軽減することが可能です。

毎日紫外線を浴びることを考えた場合、それをどれだけ減らすことが出来るのかが首イボを増やさないためのポイントとなります。
首にストールなどを巻いたり日傘を使用する、出来るだけ日中は外出しない、出た場合は日陰を通るなどの小さな積み重ねだけでも、首イボの対策になります。

皮膚科で治療・手術

現在首イボは皮膚科での治療や手術により取り除くことが出来ます。
治療としてはハサミなどによる切除やレーザーを用いた炭酸ガスレーザー治療、液体窒素による除去などがあります。

大きなイボの場合は切除手術による治療も受けられますので、自分の状態に合わせた治療が可能となっています。

治療を受ける場合にはまず皮膚科を受診して自分のイボのことを詳しく知ることが必要です。
ウイルス性の場合は投薬による治療などを用いることもあります。

皮膚科で首イボを治療することについては、こちらの記事も合わせてご覧ください。

首イボを皮膚科で治す方法!保険適用の費用は?【全国の皮膚科一覧あり】

首イボは日ごろからのケアで対策しよう

首イボは日々のケア不足や老化による肌の変化が大きく関係しています。
そのため毎日の暮らしを見直し、首イボが出来にくい生活にしていくことも重要です。

首イボが出来る原因を正しく理解し、自分の状態を理解する事で初めて正しい対策や治療が可能となります。

首イボが出来る前に食い止めるには日々のケアが特に重要となるので、自分で意識してケアを行いイボができにくい状態を整えるようにしましょう。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP