首イボは【皮膚科のレーザ治療】で跡なくキレイに治せる?痛みは?費用は保険適用?

首イボを除去したいと考えた場合、医療機関での治療が最も確実で安全な方法です。

その中でも近年利用者が増えているのがレーザー治療という方法です。
レーザー治療は炭酸ガスレーザーを使用してイボを除去する治療法です。

この記事では、
「レーザー治療とはどのような方法?」
「メリット・デメリットが知りたい!」
「保険は適用される?費用は?治療期間は?」
「口コミは?痛みはある?跡は残る?」

などなど、レーザー治療とはどのような方法なのかを詳しく紹介します。

きちんと知っておけば、イボ治療の選択肢が増えます。

イボの原因をまだ知らない方は、下記記事も合わせて読んでおきましょう。

首にできたブツブツってなに?首イボの原因と治し方

首イボはレーザー治療で治せる?レーザーの種類も解説!

Joyful young doctor holding her stethoscope

首イボの治療を考えた場合、複数ある方法から一つを選ぶ必要があります。

その中にはレーザー治療という方法もあり、非常に効果的で素早くイボを除去することが出来ます。

レーザー治療は特殊な医療用機器を使用し、イボをレーザーで除去する方法ですので、切除手術のような面倒もなくイボを取り除くことが出来る方法です。

どのような種類があるか・適切な治療を知れば、イボの悩みを瞬時に解決してくれるでしょう。

首イボレーザー治療の種類・内容

レーザー治療には大きく分けて2種類の方法があります。

これは使用するレーザー自体が異なる為、適したイボの種類も異なります。

イボの範囲や大きさによってこの2種類のレーザーを使い分けることになるので、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

黒や赤色の部分に反応するレーザー

肌の黒い部分や赤い部分に反応するレーザーをYAGレーザーやダイレーザーと言います。

このレーザーの特徴は色にしか反応しない為、照射した場合でも正常な肌を傷つけることがありません。

一度に広範囲に照射することが出来、尚かつ色の変わっている部分のみを治療できるため、イボが多い場合には効果的です。

イボ治療以外にもシミやほくろ除去にも使用されますので、イボによる肌の色素沈着も改善することが出来ます。

なんでも破壊・削るレーザー

なんでも破壊するレーザーは炭酸ガスレーザーと呼ばれる種類になります。

これは炭酸ガスを気体化しレーザーとして照射するもので、照射された場所の細胞を蒸散という状態で除去することが出来ます。
簡単に言えば気体を照射して細胞を削り取ることが出来、大きなイボの場合でも簡単に除去できます。

細胞ごと除去することが出来るのでウイルス性のイボにも効果が高いですし、レーザーを調整すればピンポイントでの照射も可能です。

これは最小0.05mm単位で照射できますので、小さすぎて他の治療法では取れないようなイボも取り除くことが出来ます。

炭酸ガスレーザーとは?

炭酸ガスレーザーは、イボ治療で有名で、他にもほくろやシミ、シワ、ニキビ跡なども取り除いてくれる治療法です。

炭酸ガスレーザーは、上記2つ中の、なんでも破壊するレーザーの方です。
そのため、ポコッと盛り上がったイボにも効果が期待できます。

また、深く掘ることも可能で、たった1回の治療でイボが取れる点も人気の理由です。

首イボのレーザー治療の費用は安い?保険適用は?

首イボのレーザー治療にかかる費用は、イボ1個あたりで計算することになります。

レーザー治療はどちらの方法も自由診療にあたるため、医療機関によってその費用は大きく異なります。

他のイボ治療法となるハサミでの切除や液体窒素を用いた方法と比べると、費用は割高になります。

イボの数が多ければ多いほどその費用は増えることになりますので、治療にかかる費用は決して安くはありません。

費用の相場は?

レーザー治療の費用相場は平均するとイボ1個あたり1,000~10,000円程度となっています。

費用に差があるのは利用する医療機関により価格が異なるためで、レーザー治療を利用する場合は前もって費用を聞いておく方が良いでしょう。

皮膚科を利用するのか、美容皮膚科クリニックを利用するのかでも費用の相場は異なります。

一般的には皮膚科のほうが費用設定が安く、美容クリニックのほうが高めになっているので、それも理解した上で医療機関を選ぶと良いでしょう。

保険は適用できる?

レーザー治療による首イボの除去は、基本的に保険適用出来ません。

何故ならレーザーを使用しての治療に関しては全て自由診療となっており、保険適用外の扱いとなります。

そのため首イボの治療でレーザーを使用した場合は全額自己負担となりますので、イボの数が多ければ多いほどその負担額は右肩上がりに多くなると考えておきましょう。

なぜ保険適用外となるのかはレーザーによる治療は医療行為とは見なされない為です。
これは首イボを放置しても生活自体には支障がなく、治療を率先して行う必要が無いから保険適用外となっています。

ただしイボが悪性の場合は命の危険も考えられるので、その場合は保険適用となることも有ります。

実際に首イボをレーザー治療した人の口コミは?

実際に首イボをレーザーで治療した人の口コミを集めてみました。

口コミを見ることでどのような治療だったのか、治療に関して満足できたかなどが分かるので、チェックしていきましょう!

口コミからわかるように、イボをレーザー治療することで、すぐにサッパリできたようです。

満足している声も多く、キレイに治療したい方にレーザー治療はオススメです!

首イボのレーザー治療の流れ

zyo)女医

レーザー治療の流れはいきなり治療を始めることはなく、必ず一定の流れに沿って行われます。

①医療機関での専門医による診察

まず最初に医療機関での専門医による診察を行います。
専門医による診察でイボの種類は何なのか、良性なのか悪性なのかを判断するためです。

イボの大きさや数などもこの診察の段階で確認することになります。

②レーザーによる治療内容の確認

次にレーザーによる治療内容の確認を行います。
この段階でレーザー治療の詳しい説明が行われ、費用や治療法に納得出来た場合に同意して初めて治療開始となります。

レーザーでの治療に同意した場合には、すぐに治療を始める場合も有ります。
医療機関によっては肌に影響がないか確認するためのテスト照射を行い、後日イボ治療を開始することもあります。

③麻酔・施術

レーザー治療をするにあたって、麻酔をしてくれます。
イボの場合、施術時間は数分程度と短い時間での切除が可能です。

施術部位に、医療用のテープを貼って終了です。

首イボのレーザー治療、跡が残る?経過は?

首イボをレーザー治療で除去した場合、気になるのは傷跡が残るかどうかという事ではないでしょうか。

液体窒素で治療を行ったり切除手術を用いる場合、どうしても除去した跡が残りやすくなります。

ではレーザーの場合はどうなのか?と言えば、液体窒素のような色素沈着も起こりませんし、切除手術のような傷跡も深くのこることは少ないです。

レーザー治療の経過として、傷痕は、だいたい2週間ほどで目立たなくなるといわれています。
施術当日より入浴も可能で、紫外線対策は重要です。

レーザーでの治療は最も傷跡が残りにくい方法なので、イボを綺麗に治したい場合には適していると言えるでしょう。

レーザー治療は痛みがある?

レーザー治療と聞くとどうしても大掛かりな機材を使用して痛みもかなりあるのではといったイメージを抱く人もいるでしょう。

しかし実際にレーザー治療を行う場合の痛みに関しては、ほとんど感じないと考えて良いと言えます。

これはレーザーを照射する場合には局部麻酔を使用するので、麻酔が効いているため大きな痛みは感じません。

イボの大きさによっては麻酔を使用しない場合も有りますが、そのケースでも一瞬チクッとした痛みを感じる程度なのでメスで切られたような痛みは無いと言えるでしょう。

基本的に炭酸ガスでもYAGレーザーでも、それほどの痛みは無いと考えてよいのがレーザー治療です。

首いぼをキレイに除去したいならレーザーがオススメ!

首イボの悩みを抱えている人は非常に多く、それを改善するには治療を行うのが最も有効です。

その際に出来るだけ綺麗に除去したいのであればレーザー治療を選択するのがオススメだと言えます。

レーザーの場合傷跡も残り難く痛みも少ない、さらに施術にかかる時間も非常に短いと言う特徴があります。

費用面でのデメリットもありますが、傷跡が残り不満を抱えるのが嫌な人はレーザー治療をチョイスすると良いでしょう。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP