かゆい首イボの原因とは?病気の可能性も!原因・対処法を徹底解説

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円
>>詳細はコチラ<<
通常9,800円が今だけ2,980円!
>>詳細はコチラ<<
通常8,424円が今だけ7,582円!
>>詳細はコチラ<<
>>なんでクリアポロンが1位?市販との商品比較もコチラ!

気づいたら首に何かざらざらっとしたものがある
じっくり観察してみたら首イボがいくつもできていた…

という経験はありませんか?

この首イボは単なる皮膚の老化や衣服や紫外線からの老化という原因の他にも、重大な疾患の症状として現れることもあります。

ですから、もし首イボにかゆみや変色や数の変化などの異常が見られた場合には、たかが首イボと決して甘く見ることなく、なるべく早めに皮膚科を受診した方が良さそうです。

皮膚科で首イボを治す方法は、こちらの記事でも解説しています。

首イボを治療できる皮膚科は?料金・保険・痛みについて解説

今回は、首イボの原因やかゆみの症状のケアなどについて細かく解説していきます。

首にイボができる原因は?

病気 皮膚科 医療 病院 白衣 女医 女性

首イボは見た目も悪いだけではなく、手触りもザラザラしてしまうのでお肌の滑らかさが失われてしまいます。

首にイボができる原因として考えられるのは、皮膚の老化がいちばんに考えられます。

もともと首のイボは10代や20代でできることはほとんどありません。

年齢とともに皮膚の新陳代謝が衰えてしまうので、どうしてもイボができやすい状態になっていくのです。

そこに紫外線の影響洋服や下着の摩擦が繰り返し起きることによって、加齢が原因の性角化症など老人性イボが形成されてしまうと考えられています。

他にも、ウイルスが原因のウイルス性イボもあります。
さらに詳しく原因を知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

首にできたブツブツってなに?首イボの原因と治し方

”かゆい首イボ”の原因は?

首イボは基本的にはかゆみを伴う皮膚疾患ではありません。
ですがごく稀に、首イボにかゆみが伴ってしまうこともあるようです。

もともと首の皮膚は腕や足といった部分の皮膚よりも薄くて敏感なので、ちょっとした刺激が重なると、首イボがかゆくなってしまうことは十分に考えられます。

イボに服の襟やアクセサリーなどの摩擦による乾燥

冬で暖房の季節になった時に空気が乾燥してくると当然首の皮膚も乾燥しがちになります。

タートルネックのセーターやインナーなどを着用すると、首の部分が繰り返し擦れてしまいます。

それが原因で首のイボに刺激が与えられ続け、かゆく感じることがあるのです。

他にもネックレスなどで金属アレルギーを起こしてしまい、かゆみの原因になることも考えられます。

首イボがあるところの皮膚は、乾燥しているとさらにイボの部分にかゆみが出やすくなります。
冬など空気が乾燥する季節は、保湿をこころがけましょう。

首イボのかゆみは病気のサイン!?ほか注意が必要な首イボ

首イボのかゆみは、単なる皮膚の乾燥が原因であることが多いです。

しかし実は稀に思いがけない病気のサインである場合もあるのです。

どういった首イボは要注意なのかを、一つずつ見ていきましょう。

強い痛みやかゆみがある首イボ

首イボは、見た目だけで特に痛みが出たりかゆみが出たりすることは非常に少ないものです。

ですから痛みが出たり強いかゆみや長引くかゆみなどの症状がある場合には、内臓疾患から派生している症状の場合があるのです。

例えば体内に悪性腫瘍ガンがある場合に、その腫瘍細胞が飛び火して、首などの皮膚にいぼを形成してしまうことがあるようです。

首イボに強い痛みがあるというのは尋常ではありませんので、すぐに病院へ行って診察を受けるべきでしょう。

首イボが痛い!という方は、こちらの記事を要チェックです!

首イボが痛い時はどうすればいい?【首イボの痛みの原因・除去法】

短期間に急激に大きくなる、数が一気に増える

首イボが最初は小さいつぶつぶ状態であったのが、短期間の間に急激に大きくなってしまう場合。
またはイボの数が一気に増加した場合も、ガン細胞の増殖に伴う症状に酷似しているので要注意です。

イボ自体は、普通ですと急激に増えたり大きくなったりするということはほとんどありえません。

問題のないイボと、問題のあるイボの見分けポイントとして非常にわかりやすいので、日頃から観察をしておくことをお勧めします。

黒色や茶色のイボ

問題のない首イボは、大抵皮膚の色と同じベージュ系の色か、半透明で目立たない色をしていることがほとんどです。

ですが、内臓疾患やガンなどが元になってできる首イボの場合は、茶色や黒色の色にどんどん変化してくるようです。

最初は色が薄かったのに、短期間でどんどん茶色や黒色に変化してきた場合には、早急に医療機関を受診することが重要です。

こうした変化は毎日首イボを観察していればすぐに気づくことができます。

首イボがかゆい時の自宅でのケア方法

スキンケア 顔 頬 女性
首イボがかゆくてついつい寝ている間にも掻きむしってしまうという人もいるかもしれません。

首イボをかいてしまうと、爪による引っかき傷を作ってしまい、見た目がさらに悪くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

では、実際にどのように対処すれば良いのでしょうか。

首イボのかゆい部分を冷やして応急処置

かゆみをすぐに抑えることができるのが、かゆい部分を冷やす方法です。

かゆみが強い時に、アイスパックなどで冷やしたり水で濡らしたタオルをしっかり絞ったものを首イボのかゆみがある部分に当ててあげましょう。

これだけでもかゆみは随分楽になるはずです。

アイスパックで冷やす時には皮膚を冷やしすぎる可能性があるので、パックを薄いタオル一枚で包んで少し冷たさを和らげてから、かゆみのある場所を冷やしてあげると良いでしょう。

しっかりと冷たく冷やしてあげれば、大抵のかゆみは確実に抑えることができます。

外出先では濡らしたタオルで冷やすぐらいまでしかできませんが、自宅にいる時の対処法としてはアイスパックがもっとも手軽で効果絶大の方法です。

保湿クリームやオイルでしっかり保湿ケアをする

首イボがかゆい時には皮膚の乾燥が原因となっていることが多いので、首イボのある部分を日頃からしっかり保湿してあげるようにするとかゆみが起きにくくなります。

使用する保湿クリームはできれば保存料や香料、着色料などの添加物が配合されていないナチュラル成分のみの製品を選ぶようにしましょう。

ヨクイニンや杏仁オイルが配合されたクリームが◎

首イボができていてかゆみが出ている皮膚は、敏感になっている場合が多いので、皮膚に刺激を与えないような保湿クリーム選びが重要なポイントになります。
とくに、ヨクイニンや杏仁オイルを含んだクリームが効果的です。

またオリーブオイルやココナツオイルなどの天然成分を使用したオイルも、即効性はありませんがお肌に優しく作用して、保湿効果もしっかり得られるのでおすすめです。

ただオイルの場合には、お肌にベタつき感が残ってしまう場合があります。
夜寝る時以外は、お肌に吸収しやすく、しっとり保湿しながらもすぐにサラッとした肌触りになるタイプの保湿クリームを選ぶのが正解です。

保湿ケアはお風呂上りがおすすめ

また、これらの保湿ケアは、お風呂上がりの皮膚に行うのがもっとも浸透性も高くなります。
入浴で十分に潤ったお肌に、オイルや保湿クリームが蓋をして長時間の保湿効果が期待できるので、なるべくこの時間に行うことを習慣づけるようにしましょう。

首イボに効くおすすめクリームランキング!市販や薬局で購入できる?

首イボは市販薬で治せる?自分で除去できるクリーム・薬ランキング!

首イボがかゆい時の皮膚科の受診

保湿をしっかりしたり、かゆみがある時に冷やしたりなど、首イボのかゆみ対策を行なっていても

  • かゆみが改善しなかったり
  • 1週間以上も状態が良くならない

のであれば、自己ケアをあきらめて早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科治療なら、首イボのかゆみに対する適切な治療法を行なってもらえます。
かゆみが内臓疾患から来るものかどうかも、的確な診断をしてもらえるので何かと安心です。

かゆみにはステロイド軟膏や、市販の保湿クリームよりも、より効果のある処方保湿クリームを出してもらえます。
速やかに首イボのかゆみが改善されるでしょう。

また、今後の首イボの除去についての治療方針についてもアドバイスをもらうことができるので心強いです。
治療費はかかりますが、液体窒素治療や炭酸ガスレーザー治療などがあります。

皮膚科のイボ治療方法については、下記記事を見れば理解することができます!

首イボを治療できる皮膚科は?料金・保険・痛みについて解説

イボが多すぎる、長期間かゆみが続く場合は早めに皮膚科を受診しよう

首イボはでき始めたころは、それほど目立たず気にならないかもしれません。

しかし、日々鏡を見ながら観察していたら、

「イボの数がどんどん増えている…」
「保湿を心がけてしっかり首の皮膚をケアしているに、いつまでたっても改善がない」
「一向にかゆみが治らずに長期間続いてしまう」
「首イボの色が、日に日に濃くなってきている」

などの異常を感じ始めたら、自己判断をせずに早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科の医師はこうした首イボのトラブル治療に関しては豊富な知識や治療実績があります。
症状を悪化させないうちに、是非ともプロに任せるようにしましょう。

また、普段から首イボができないようクリームでの予防も大切にしましょう。

たかが首イボと思っていても、首イボのなかには重大な疾患が隠れている場合もあります。
発見を遅らせないためにも、専門医による診察は非常に大きな意味を持つものなのです。